読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一文一投

思ったことを、だれかにひょいっと投げるきもちで

月が鳴る日

月が鳴る日はちろちろと、月が鳴る日は鈴を一つずつ、紐に垂らして夜のとばりにしばりつけてそこにさらりと冷たい風がしのびこんでちろちろとそんなふうに月が鳴る日は赤い眼をした狼が静かに空に吠えている暗い暗い夜の果てで静かに凍っている月は少しずつ…