読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一文一投

思ったことを、だれかにひょいっと投げるきもちで

空に見えなくなる鳥

問題です。会えるけど一緒に居られなくて寂しいのと、ただ会えなくて寂しいのと。どっちが寂しいでしょう。

友人のワカちゃんがバラ色のため息と共にそう聞いてきたので、うーんと考えて
答えなんてないんじゃないかなあ
と言うと
会えるけど一緒に居られないって意味わかる?
と嬉しそうに聞かれた。

わかるよ。今のわたしがそうだもの。
言えず飲みこむ。へへへ、とわらう。目の前に置かれたアイスコーヒーの氷に、ぴしりと綺麗なひびが入った。

大切な人の大切なものを想うことなんて、やめた方がいい。大切な人の大切なものを想う時、必ずそれを尊重しようとするから。自分自身も、大切な人の大切なものを大事にしようとするから。
そうなったらおしまいだ。終わりは目に見えてて、相手は羽根を広げて羽ばたいて、本当に幸せそうに大空を飛んで行く。わたしのそばから、どんどん離れてぐんぐん舞い上がって、そして見えなくなってしまう。

でも、たぶん、それがわたしのしあわせ。だから何も言えない。いつも、何も言えない。

喫茶店を出ると夕暮れだった。電信柱に止まったカラスに向かってワカちゃんが
アホーアホーカラスのアホー
と言っている。
たぶんワカちゃんは今すごく幸せな恋愛をしている。わたしはどうだろうか。きっと、ワカちゃんと同じようなテーマを抱えているようで、ぜんぜん違うんだろう。
彼のことを想う。夕焼け空を見る。黒く羽ばたいていく、大きな鳥が見える。

好きなだけ飛んだらいい。飛んでいるあなたを見るのはしあわせ。けどでも、戻ってきたいと思っても、もうここには居ないんだからね。
そこまで考えて気付いた。
そっか。大空に舞い上がっているのは、大切な人から離れて行ってるのは、むしろわたしの方なのかもしれない。

カラスのアホー
そう嬉しそうに笑うワカちゃんの隣で、ひとりそんなことを考えた。夕焼け空の大きな鳥は、もう見えなくなっていた。